白髪染め 種類

白髪でお悩みの男性の方、白髪染めの方法には色々な種類があるのですが、あなたは、きちんとした知識をお持ちでしょうか。
MENU

男性が使用出来る白髪染めの種類

白髪染めがいよいよ必要となった男性として、どの白髪染めを購入すべきかは運命の分かれ道という感もあります。白髪染めにはどんな種類があり、いったいどれを購入したらよいのかは大事な問題ですよね。

 

男性が使用する白髪染めの種類としては、白髪染めヘアカラー、ヘアマニキュア、天然原料タイプの白髪染め(ヘナ等)、トリートメント・シャンプータイプの白髪染め、の4タイプが主流になります。

 

ヘアカラーは、あなたの白髪を目立たなくさせる一番の強力な方法といえます。髪の毛の中の色素を脱色し、あなたの好みの色に完全に染め直す方法です。

 

ただ、デメリットとしては、髪を傷める恐れが一番あることと、アレルギー反応を起こす可能性も十分ありえること、自分でやるのは正しい知識が求められるため美容院で染めることが勧められるが、そうすると費用が高くつくなどがあります。また、完全に黒く染めてしまうと、髪が伸びてきた際に、根元の白髪が目立つというデメリットもあります。

 

ヘアマニキュアは、髪の表面を染める方法なので、ヘアカラーと比べて髪を傷めにくいというメリットがあります。ただし、ヘアカラーと違って、色落ちしやすいというデメリットはあります。

 

天然タイプの白髪染めは最近では各種ありますが、ヘナを利用した白髪染めは、一部の人達に人気があります。理由はその安全性でしょう。髪が赤茶っぽく染まることに抵抗がない方にはいいでしょう。ただ、ヘナ白髪染めでダークカラーに染められる商品は、ヘナ以外の染料が配合されていることは知っておきましょう。

 

最後にトリートメント・シャンプータイプの白髪染めですが、最近は、天然タイプのトリートメント白髪染めが人気です。特に昆布を使用した天然無添加のトリートメントタイプの商品が各種あり、どれも多くの利用者がいます。

 

安全に利用できることと、トリートメントタイプなので、自宅で簡単に短時間で出来るのが魅力です。デメリットは、1回では完全に染まらない、徐々に色が落ちるといったことがありますが、大きな変化を周りの人に感ずかれたくない人には逆にメリットになったりもします。

 

このページの先頭へ